Skip to content

全身脱毛をするとホルモンバランスが崩れるという真相

ワキや手足などの部分脱毛を行う人の中でも、最近ではお得に脱毛できるとあって全身脱毛のコースを選ぶ人も増えてきています。

しかし、時々ネットなどの口コミなどで全身脱毛をすることでホルモンバランスが崩れたり、返って体毛が濃くなったという口コミを見かけることがありますが、真相はどうなのか気になるところです。結論から言ってしまうと、全身脱毛でホルモンバランスが崩れるということはないと考えて良いでしょう。

なぜ全身脱毛を行うことがホルモンバランスが崩れることにつながったのかというのは、男性が薄毛になる原因として関係のある男性ホルモンの過剰分泌がありますが、そのことが混ざって体毛を脱毛をすると男性ホルモンが増えてホルモンバランスが崩れるという噂につながったのかもしれません。脱毛を行ったことで返って体毛が増える、真相については定かではありませんが全身脱毛を行ったこととは別にホルモンバランスが崩れていることが考えられます。

実は、ホルモンバランスは生活習慣や食生活、過度なダイエットによる栄養不足や喫煙習慣やアルコールの摂取などによっても崩れることがあります。脱毛をしたことに関係なく、日頃の生活のせいでホルモンバランスが崩れて体毛が濃くなっていることが考えられます。

ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの体内値が優位になりますが、男性ホルモンには体毛を増やす作用もあるので、改善したい場合には、まず日頃の生活習慣から見直していく必要があります。ホルモンバランスは脱毛効果などにも影響するので、バランスが崩れていると感じている人は一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。
横浜で全身脱毛のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *