Skip to content

VIO脱毛の自己処理の方法

VIO脱毛をすることになったら、エステサロンやクリニックへ行く前には、自分でムダ毛の処理を済ませることになります。

フラッシュや医療レーザーは、黒色をしているメラニンを狙い打ちしまうので、ムダ毛が長い状態ではお手入れができません。長いムダ毛の状態で照射をした場合は、毛の黒さに反応をして、皮膚に火傷を負う危険性さえあります。だから、必ず予約を入れたら、VIOの自己処理をしてから、サロンやクリニックへ行くことになります。

ただVIOパーツは、複雑なラインの関係もあって、処理は難しいパーツでもあります。脱毛に行く直前に処理をするのではなく、余裕を持って2日前には一度処理をしておくといいです。明るい場所で鏡を使って、丁寧に処理をしましょう。この時使用するのは、抜く処理ではなく剃ることのできるアイテムです。

T字カミソリを使用することもできますが、場所がデリケートなパーツですので、普通のカミソリでの処理は少し危ないです。デリケートゾーンのムダ毛を剃るなら、顔用の電気シェーバーが安心して使うことができます。顔用につくられているだけあって、安全性にしては高いものがあります。

皮膚を傷つける心配もないですし、小型なので使いやすさもあります。ただ、どうしても処理が難しい時には、脱毛のためにサロンやクリニックへ出かけて行き、スタッフにお願いする方法もあります。その場合は有料になりますが、剃り残しの心配もなくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *