Skip to content

VIO脱毛の痛みが強いのはなぜ?

クリニックやエステサロンでの本格的な脱毛は全身様々な部位への施術が可能で、自分では処理しにくいような部位でもきれいに仕上げることができます。

施術部位の中にはVIOと呼ばれるデリケートゾーンも含まれるのですが、もしVIOを脱毛するのであれば、他の部位と比べて痛みが強く出やすいということに注意する必要があります。VIOはビキニライン、性器、肛門の周辺をまとめた総称で、痛みが出やすい理由としては毛量が多いということの他に、皮膚が黒ずんでいることが挙げられます。

現在クリニックではレーザー方式、エステサロンではフラッシュ方式という脱毛方法が採用されていることが一般的ですが、これらは毛根に熱のダメージを与え、細胞を破壊することによりムダ毛を除去する効果を発揮します。ムダ毛には黒い色素のメラニンという物質が大量に存在していますがレーザー方式とフラッシュ方式はこのメラニンに反応して熱を発生させるレーザーと光を用い、ムダ毛に照射した際に毛根に熱ダメージを生じさせます。

メラニンの量は多ければ多いほどこの作用が出やすくなりますので、脱毛効果は高くなりますが、熱ダメージも大きくなるため痛みは強くなります。VIOはムダ毛の毛量が多く、ムダ毛の毛質もしっかりとしているためメラニンが多く存在しています。また皮膚も黒ずんでいるため皮膚に存在するメラニンの量も多く、熱のダメージが皮膚にも伝わってしまい痛みが強くなるというわけなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *