Skip to content

最も肌に負担をかけない脱毛の方法

肌は摩擦に弱いです。

きれいにしようと擦りすぎてしまうと、ラップ2枚程度の厚さしかない皮膚バリアが剥がれて、バリアがなくなってしまいます。肌バリアを壊さないためには35度以下が適温とされています。それだけ肌バリアはデリケートな存在ということです。もしこのデリケートな肌に脱毛用のカミソリを当てたとしたら、かなり刺激になります。一度剃るくらいならば肌バリアが再生してくるので問題ありませんが、頻繁にカミソリを当てがっていれば肌バリアが再生する暇がなくなってしまいます。

すると肌に刺激がいき、それを守るために角質が厚くなって硬くなったり、炎症が起きてメラニン色素が作られて色素沈着してしまう可能性もあります。脱毛は肌に刺激を与えてしまう原因になりますが、放置しておけないという厄介なものでもあります。最も肌に負担をかけずに済む脱毛方法は、医療機関で扱っているレーザー脱毛です。名前の通り、レーザーを毛に照射して処理します。

レーザーは黒いもの(毛)に反応して熱を帯びる性質があります。すると毛の細胞が熱で破壊されて、再生できなくなります。これを人為的に行うのがレーザー脱毛です。かえって肌に刺激が強そうですが、一生カミソリをあてがって自己処理するよりも遥かに肌への負担が軽くて済みます。ヘアサイクルに合わせて施術する必要があるので、2ヶ月に1度、6回くらいのペースで1年~1年半通い続ける必要がありますが、それ以降は毛がほとんど生えてこなくなるので、自己処理の手間と負担がかからなくなります。
横浜で脱毛のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *