手相で金運をチェック

手相で占う恋愛運とは

手相で恋愛運を占う時は、基本は感情線と結婚線を中心に判断します。

感情線は手のひらの太い3本の線のうち一番上にある線で、この線が鎖状になっていたり細い補助線が出ていると、繊細で感情豊かなので自然と異性からモテるのです。小指の下から薬指の下に向かって伸びる短い線が結婚線で、この短い線がしっかり太いと玉の輿運があり、恋愛運も比例して恵まれると言われています。手相は年月とともに変化しますがこの結婚線が上に向いていると結婚適齢期で、下に向いている時期は結婚に向いていない時期です。

恋愛運が上昇している時期は、中指と薬指の下に半円状の線が出て来ることがあります。これは芸術性に優れている人が生まれながらに持っている手相でもあり、この線が出てきたりはっきりしている人は豊かな感性で異性同性問わず他人を惹き付ける人です。恋愛運と平行して人気運が出てきたときにはっきりしてくるのが太陽線で、薬指と小指の間を縦に真っ直ぐに走ります。

この太陽線は恋愛の他に仕事で周囲から引き立てられる時にも現れる手相で、周囲からの羨望を一身に集める時期です。太陽線が出てきた時は婚活やコンパなど他の同性ライバルもいる場所で、あなただけが人気を独り占めできる手相なので、大勢の人がいる場所が苦手な人も積極的にパーティーなどに出掛けることをおすすめします。中指の下を縦に走る線は運命線と呼びますが、この運命線から枝のように短い線が横に出てきたら文字通り運命の出会いがある時です。恋愛運を含め人生を左右する人と巡り会う時なので、心の準備をしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *