手相で金運をチェック

手相占いからみる恋愛線とその意味

人の掌には誰でも手相が存在しており、複雑に絡み合っている手相の線には「恋愛線」というものがあります。

その恋愛線の長さや形などをもとにして、その人の恋愛観についてや今後どのような恋をするのかなどがわかります。また恋愛線には通常の恋愛事情だけではなく、大恋愛を象徴する手相としても知られています。大恋愛するであろう相手との出会いの時期や、恋する気持ちが盛り上がる時期などを表してくれているのです。手相の恋愛線とは、感情線と生命線の間にある少し斜めに流れている線のことで、生命線を横切っている線を指しています。生命線を横切り金星丘に達しているような形になるので、愛情に関わる運勢が色濃くなって浮かび上がっている状態です。

この線は誰かに強く愛情を感じた時に表れやすく、恋愛に関わる運勢を教えてくれる大切な線として知られています。また恋愛のスタートする時期や、結婚をするタイミングなども読み取ることができるでしょう。自分の掌に浮かび上がっている恋愛線が長い人は、恋愛に対する想いがとても強いことを表しています。

思い人の事を心の底から愛しており、大切にしたいという強い気持ちが線となって表れている証拠です。またこの長い線は相手側の気持ちも強くないと表れることがないため、ほぼ間違いなく大恋愛となり恋が確実に実ることを告げてくれています。逆に線が短い人は、片思いをしている状態だと言えるでしょう。好きな人がいる場合でも中々恋へと発展しづらい状況で、相手に振り向いてもらえないもどかしい気持ちが線となって表れています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *