にきび予防の正しい方法

にきびは全身どこに出来ても不思議ではありません。


なぜなら原因は毛穴の詰まり、また詰まった箇所で細菌が増殖したことによる炎症だからです。



つまりにきび予防には肌を綺麗に維持する事が条件となります。

日経メディカル情報選びをサポートします。

汗をかいたまま拭き取らない、よるお風呂で1日の汗や汚れを洗い流してスッキリしない、女性の場合ならメイクを落とさないで寝るなどもってのほか、にきび予防は毎日規則正しいお肌のお手入れがポイントです。どんなに予防しても思春期や更年期などホルモンバランスが安定しない時期は、体内物質が原因で出来てしまいます。
こうした原因を理由とするにきび予防は、ストレスを過度に溜めない事や、より規則正しい生活を心掛けて、脂分の多い食事を極力控え、3食バランスの良い食生活を継続する事です。

にきびについて調べるなら、こちらをご覧ください。

気持良いと感じる程度の適度な運動、身体を動かす事や、趣味に没頭する、楽しく笑う事などもストレス発散になります。


また男女問わずにきびは出来るものなので、男性でも洗顔を丁寧に行う事は大切です。

特に油脂の多い男性の方が泡立ちの良い洗顔を意識しなければいけません。

洗う時は泡で包み込むようにして洗う事、決して指先でゴシゴシと肌に摩擦で負担を掛けてはいけません、鳥の羽で優しく触れるか触れないか程度がベストです。
また洗顔の泡が残ってもいけないので、しっかり流水で洗い流す事も忘れずに。あまり熱いお湯だと肌が乾燥するので、ぬるま湯がベストです。水分を拭き取る時もタオルをそっと当てて、水分を吸わせる感覚で行います。