にきびの予防方法について

にきびは一度できてしまうと綺麗に治すことが大変で手間もかかります。


しっかり治らないとクレーターや跡に残ってしまう場合があるのでまずは予防することが大事です。


日頃からの予防方法を毎日繰り返し実践するとにきびが出来にくい肌のベースを作ることが出来ます。

肌質やそれぞれの肌の状態によって方法は若干違いますが自分の肌にあった予防方法を見つける必要があります。

まず、にきびはビタミン不足や食生活の乱れ、睡眠不足、ホルモンバランスの変化によってできることがほとんどです。



ホルモンバランス以外は簡単に自分で調整できるので意識することでにきび予防になります。

ジョルダンニュース!の知識を増やしてみませんか。

日頃からビタミンを多く含んだフルーツを多めに食べたり、難しい場合はサプリメントで補う方法もあるのでサプリメントを飲んで摂取しても効果はあります。
食生活では偏ってしまうとにきびの原因になるので肉や魚野菜をバランスよく摂ります。
毎食のバランスを考えることは難しいですが、食生活が乱れた次の日に調整するなど日によって調整することでも効果的です。生理前やホルモンバランスが乱れがちな周期には豆乳や乳製品などホルモンバランスを整えるものを摂取することで予防に繋がります。

ニキビができる前にしっかり肌のベースのケアが出来ていれば万が一出来た場合でも悪化させることなく治りも早いです。
ホルモンバランスは難しいように感じますが食生活でカバーしたり補うことができるので肌のケアや日頃の食事を気をつけるだけで出来にくい肌を作ることが出来ます。