食事でできるにきび予防

にきび予防は、普段の食事を見直すことも有効な方法です。

偏食傾向がある人や外食の多い人は、食事を少し見直すだけでも大きな改善がみられることがあります。にきび予防に有効な栄養素には、にんじんやかぼちゃ、レバーなどに含まれるビタミンA、卵や乳製品などに含まれるビタミンB2、まぐろや鶏ささみに含まれるビタミンB6などがあります。

これらのビタミン群には、肌のターンオーバーを促す働きなど、肌の状態を正常に保つために必要な栄養素です。他にも、メラニンの生成抑制や抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンCと相乗効果の高いビタミンE、食物繊維やコラーゲン、ミネラルなども積極的に食事に取り入れるようにします。

ビタミンCは水溶性のため、多く摂取しても体内に溜めることができない性質を持つことから、毎日少しずつ摂るように心がけます。

反対ににきび予防のためには、皮脂の主成分であるトリグリセリドの増加を避ける必要があります。

利便性を重視したエキサイトニュースの情報がいっぱい詰まったサイトです。

そのためには、動物性脂肪や糖質の過剰摂取を避けたほうが望ましいとされています。



また、肌のターンオーバーなどを促すために必要なビタミンB群の吸収を低下させないようにするために、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶は控えるようにしたり、内臓に負担をかけないためには香辛料の多い刺激物も控えるようにします。



他にも、アルコールは糖分を多く含むものがあり、飲み過ぎることで皮脂腺を刺激することになるため、適量を守るようにします。